ニュージーランドを比較に比較し「厳選」した1つの商品 |

継続して購入できたらいいなと思うほど便利です <3食べる輸血と聞いていたのでスーパーで見かけて初めて食べてみました。とにかくボルシチが食べたいというよりビーツのスープが飲みたかったので購入しました。その時、安くて良いのを見つけました。

こ、これですっ!

2017年11月05日 ランキング上位商品↑

ニュージーランドニュージーランド産 ビーツ 1kg(250g×4袋)  【BABY BEETS 水煮】

詳しくはこちら b y 楽 天

●ビーツは美容にも健康にもとても良いので!いつでもビーツを使えるように(下茹でなど下処理されたものを)スライスにして!ラップを巻いたまな板の上に並べて凍らせ!凍ったらZiplocなどに入れて保存してあります。ちょうどいいマトンがあるので楽しみにしています。下処理されているのでそのまま使えます。また、玉ねぎのスライスと短冊切りにしたビーツでDillのピクルス(ビーツ入りの酢玉ねぎのような感じで)を漬けておいて冷蔵庫に常備しておくと、そのままで食べても美味しいのですが、冷ややっこのトッピングにしても、納豆に混ぜても、サラダのトッピングにしても(ピクルス液ごと使えばドレッシングの代わりにもなります)、お刺身と一緒に食べても、焼いたり揚げたお肉やお魚に乗せて食べても(お肉やお魚を液ごとディルピクルスと漬ければ南蛮にもなり)、今の時期は冷製パスタにも便利ですし、刻んでタルタルソースやRelishにも使えて、これまたいつでも使えます。レシピはネットで調べました。5個〜6個の小さめのビーツ(ベイビービーツ)が入っています。 ●今回、訳あり品として消費期限が迫っているものでしたが、躊躇せずに8パックまとめ買い - スライスして冷凍保存するものと、ディル・ピクルスを漬けるもので消費したら、すぐに使えるよう野菜室に入れたものは3パックのみになってしまいました。スープしましたがやはり真っ赤になりました。でも普通に食べれたので!もう一度買いに行ったらなくなっていました。本当に食べる輸血として効果があるかはわかりませんが栄養分としてはとてもよいものだと思います。 ●ビーツはほんのりと甘みがある以外には強い風味のないお野菜(ほうれん草の仲間なので、ほうれん草を茹でた時の香りがふんわり香るくらい)なので汎用性が高く、(水溶性の栄養素を無駄なく摂れる)シチューやカレーやスープはもちろん、賽の目切りにしてアボカドと混ぜマヨネーズで合えてサラダにしたり、炒め物・パスタ(パスタ自体に練り込んでも、パスタ料理の具材にしても)・きんぴら・親子丼など、お料理を作る際の何らかのお野菜の代わりのようにして何にもで使えますし、パックから取り出してそのままのもの(またはスライスして凍らせてあったもの)を、バナナと牛乳(または豆乳)とヨーグルトとはちみつと3つほどのアイスキューブ(氷)と一緒にブレンダ―に入れてビーツのスムージーにしたり、ブレンダ―でピューレにして(または刻んで)パンケーキ生地に混ぜればピンク色のパンケーキもでき、ビーツは主菜・副菜(しょっぱい味付け)に使えるのはもちろん、スイーツや健康ドリンクなどの甘い味付けにまで、本当に何にでも使えます。