コスパ優秀!?相対性理論が欲しいならココっ 2017年度

おススメです。大人の心では素直に受け止められません。やっぱり”下地”って大切です。

イマが買い時♪

2017年02月09日 ランキング上位商品↑

相対性理論相対性理論」を楽しむ本 [ 佐藤勝彦 ]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

少し早いかな?と思ったけどこういう分野に興味のある子は幼くても楽しめるはずです中学生の息子が興味があり購入。考え方は面白いし,わかりやすい本だと思います。そのうち!宇宙に飛び出して!理論が正しかったのか知りたいですね。入門編的にはとても良いと思いますが、うちの息子はもっと詳しく知りたかったようで物足りなかったようです。子供でも読みやすいみたいです。「楽しむ本」というタイトル通り、入門編というには物足りないですが、物理が苦手という人でも楽しめる内容だと思いました。初歩の初歩にはお勧めです。ちょっと難しいけど好奇心に満ちた子供にこそ読んで貰いたい本だと思います。数学をちょっーと使っての特殊相対性理論の説明。が結局!難しくて何も納得が出来ないまま読み終えてしまいました(苦笑)本書にも書いて有りましたが!相対性理論の醍醐味を本当に理解するには物理や数学の知識が欠かせないのだと!今回改めて思い知らされましたね。宇宙に興味を持つのは!きっと「私たちはなぜ生まれてきたんだろう?」という疑問の答えを探しているからだと思います。。最後に一言だけ!たぶん相対性理論を理解するには物理や数学の知識は勿論だと思うけど!それより大切なのは汚れていない「心」が必要だと思いました。相対性理論の言わんとしている事は、大人より子供の方が理解出来ると、こんな感想を持ちましたね。子供の頃から宇宙好きのオジサンです。今さらのように簡単で良いから宇宙について勉強したいなと思いましたが、それには相対性理論が避けて通れない、でも相対性理論の言いたい事は分かるけど納得(理解)が出来ないと感じ、今回この本書を手にしてみました。読み進むに連れて!時間っ何だ?光の正体って何だ?この宇宙って何なんだ?といろいろ疑問が増えます。アインシュタインがいなくても,それほど遅れることは無く相対性理論は発見されただろう,という言葉はよく聞きますが,それは科学者の嫉妬心なのだろうか?とてもわかりやすくおもしろい本でした。分かり易く!面白かったです。ただ本書を読む事で相対性理論の言わんとしている事が!例え納得は出来なくても改めて勉強出来たのは!たぶん非常にプラスに成ったと感じています。有名な相対性理論のさわりだけでも知ることができ!わからないなりにもっと知りたくなる!そんな本です。宇宙のことを知ろうとしたら相対性理論は避けて通れません。佐藤勝彦先生が分かりやすく書いている(本質は理解できませんが!それを気にせず読み進めることができる)ので!「相対性理論」を分かったような気にさせてくれる本です。私も読んでみましたが、物理や数学がさっぱりわからない私でも興味深く読み進められました。相対性理論は!「動くものはスピードが上がると質量が増える」!「動くものは長さが縮んで見える」!「動くものは時間が遅くなる」などにわかには信じがたい理論ですが!原子爆弾や現代宇宙論(ビックバン理論など)の基礎理論になっていることを鑑みると!本書の内容ぐらいは教養として抑えておいてもよいと思います。さすがにロングセラーだけありますね。佐藤勝彦先生の本は読みやすくて!判りやすいです。内容が内容ですから、本当の意味で理解する事は出来ませんが、奥深い学問の入口を垣間見る事はとても楽しいものです。六年生の息子は楽しく読んでます。久しぶりに勉強したいなーという大人の方。少し古い本なのでどうかなと思いましたが、良かったです。すごく分かりやすい表現で書かれていますので!安心です。特に高校生にお勧めしたいです子供に頼まれて購入しました。難しい内容で理解し難い部分も有ったけど本当に楽しめたので!続編?の『相対性理論の世界へようこそ』も買ってしまいました。高校生の息子のために購入。受験時代までは物理は結構得意だったのですが,大学では生物系に進んだので,相対性理論については,よく聞くけど何だろう?という状態でずーっと来ました。この先生!たぶん宇宙や物理が”とにかく好き”な方なんだろうなと想像していましたが!本書を読んで先生は(※宇宙好きにとって)魅力に溢れる方だと感じました。私もその一人でした。これを読んだら次は『量子論を楽しむ本』に行ってみたいと思ってます。相対性理論という言葉を知っていても!その内容を説明できる人はあまりいないような気がします。量子論を楽しむ本とともに読みました。人間は何事にも意味を見出したくなる生き物ですが!宇宙を知れば知るほどちっぽけな存在で!そこに意味はないと感じるかもしれません。そのため関連書籍が読みたくなります。本書を書いた佐藤勝彦さんは宇宙を取り扱うサイエンス番組ではお馴染みの先生です。雰囲気がわかりました。この本の内容がわからないようなら,アインシュタインの言葉を借りると「物理のセンスが無い」ということかも(笑)。とても分かり易く、入門書には最適です。